どうなるシリーズ

わららか夏まつり

秋風が肌寒い季節になってまいりました。

8月9月は天災に見舞われた月であったように思います。被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、8月の終わりに、毎年恒例のわららか夏祭りがありました。

今年は酷暑ということもあり、例年のように駐車場での開催はせず、館内での夏祭りとなりました。



















ほし班は、ピザと魚釣り。つき班は、かき氷とボーリング。ひまわり班がワッフルとパターゴルフ。

おひさま班がカフェとバッティングです。

出し物の事前準備で、買い物に行ったり、飾りつけやゲームの景品の作成に取り組みました。

特にゲームの景品は、風鈴、うちわ、キャラクターマグネット、コースター、紙粘土でのキャラクター

人形、ビーズ製品など、珠玉の作品が並んでいました。

また、うららのお店からは、ミルクせんべいを、堺みなみからは、黒ひげ危機一髪を出店して頂きまし

た。

デイセンターフレンズやケアスペースつむぎにも参加していただきました。

また、昼食後には食堂で盆踊りをしました。多くの方が、やぐらを思い思いの踊りで回りました。

また、ご家族も、たくさんの方に、ご協力して頂き、ありがとうございました。

ページTOP